安全安心借り入れで業績拡大

>

公的機関からの融資

この記事をシェアする

低所得者への融資

個人向けの公的機関からの融資は、主に低所得者世帯にむけての融資です。
就職やその仕事に関わる学校へ通う為の費用だったり、職業訓練中の人が給付金だけでは生活が成り立たないという場合に申請できます。
失業中、一定の期間は失業保険給付金を受け取ることが出来ますが、その期間に次の職業に必要な資格を取得することが出来ます。
また給付金は、退職してから三ヶ月から半年経過しないと給付されませんが、職業訓練を受けていると給付金が支払われます。
資格を取得すると就職に有利になることもあります。

また公的機関からの貸付には、母子家庭や父子家庭への融資があります。
20歳未満の子どもがいればその対象になります。
福祉課に相談すると親身になってくれます。

緊急措置

不測の事態により、緊急的にお金が必要となってしまったときに利用できる融資制度があります。
臨時の生活費が必要な場合、金額の上限はありますが、無担保、無利子で借りられます。
ただし保証人は必要です。
例えば、医療費の支払いや介護費用がかかってしまったり、滞納していた税金などの支払いにより生活費がなくなったり、次に給与などが入ってくるまでに期間がある場合や、火災や盗難などの被害に遭った時などで生活に困ったときです。
また、家賃や公共料金を滞納してしまった場合も、支払いにかかる費用を融資して貰えるなど、一時的に緊急にお金が必要となった時に、相談するとなんとかなる場合もあります。
相談の窓口は、社会福祉協議会です。


▲ TOPへ