安全安心借り入れで業績拡大

一般の人でも受けられる融資

会社を経営する為には、資金が必要です。
これから会社を起こす人も、会社を受け継いだ人も、まず一番に考えるのはこれなのではないでしょうか。
潤沢な資金があればそれにこしたことはありませんが、たいていの場合は、どのように必要な額集めるのかで悩みます。
手元に必要額がない場合は、どこからか借りてこなければなりません。
しかし、見も知らぬ人にいきなり大金を貸してくれる奇特な人はなかなかいません。
どこかしらの金融機関から借り入れる必要があります。
または、公的機関からの借り入れです。
借り入れのことを金融用語で、融資といいます。
公的な融資は、民間の融資に比べて、金利が安かったり、無担保で受けられるというメリットがあります。
しかし申し込んですぐというわけにはいきませんので、計画性をもって行う必要があります。
なぜなら審査機関があるからです。
都道府県の融資制度においては、金融機関、保証会社、申請した都道府県と三つの機関が審査するのですから、時間はかかります。
また綿密な返済計画を提示する必要があります。
分かり易い事業計画も相手側に示さなければなりません。
民間企業と違って、高い金利を儲けて儲けを出そうとしない変わりに、信用というのを大事にします。
逆に言うと公的融資が受けられる企業は、その点で取引先からの信用が得られやすいです。
また、公的な融資は、企業に限ったことではありません。
条件さえ合えば一般の起業していない人も受けられる場合があります。

おすすめリンク

経験者に聞く事業資金借入

事業資金借入を経験したことのある方から、借入の良さや問題点などの経験談を聞きました。

公的機関からの融資

一定の条件を満たしていれば、金融機関や金融会社以外からでも公的の融資が受けられることがあります。 この融資は、消費者金融などから借り入れをするよりも利息が少なくてすみます。 あまり知られていない個人向けの公的機関からの融資について検証してみます。

民間の金融機関からの融資

企業に融資する種類の中に、公的機関からの融資のほかに、民間からの融資が受けられる場合があります。 民間の融資は、公的の融資に比べて審査が厳しいという難点がありますが、公的の融資に比べて、実際にお金を借りられるまでの期間が短いことが多いです。 民間の融資について検証してみました。

ビジネス専門の金融会社

ビジネス用にカード会社が出している融資があります。 各社それぞれ特徴がありますが、共通しているのは、申し込んでから融資がおりるまでの期間が比較的短期ですむことです。 来店不要のところもあります。 そんなカード会社のビジネスローンについて検証してみました。

▲ TOPへ